野球ユニフォームタイトル

Japan-dシリーズは2018.7月から
胸ロゴが立体的にみえる
3次元昇華プリントに対応しました

(価格は変わりません)


Japan-dシリーズは胸ロゴに縫い目がない
シームレス昇華プリントです


・現在の納期・

野球ユニフォーム*侍ジャパンタイプ

野球ユニフォーム*オリックスバファローズタイプ

野球ユニフォーム*広島カープ型ユニフォーム

野球ユニフォーム*北海道日本ハムファイターズタイプ

野球ユニフォーム*東北楽天イーグルスタイプ

野球ユニフォーム*埼玉西武ライオンズタイプ

野球ユニフォーム*読売ジャイアンツタイプ

野球ユニフォーム*福岡ソフトバンクタイプ

野球ユニフォーム*千葉ロッテマリーンズタイプ

野球ユニフォーム*阪神タイガースタイプ

野球ユニフォーム*横浜ベイスターズタイプ

野球ユニフォーム*ヤクルトスワローズタイプ

野球ユニフォーム*中日ドラゴンズタイプユニフォーム
▲TOPへ▲
昇華プリントユニフォームとは?
一般的な衣類(アロハ、ブラウス、スカーフ、浴衣など)では、生地を染色やプリントで色や柄をつけることは難しいことではありません。しかし野球のユニフォームでは、生地が通気性や発汗性、ストレッチ性が要求されるメッシュであり、プレイ時の摩擦や耐久性、耐候性など、過酷な条件をクリアしなければなりません。

このような事情もあり、野球ユニフォームの多くはマークやラインをシャツ生地とは別素材のパーツとしてシャツに縫い付けたり圧着したりしています。しかしこの方法ではシャツの裏表に渡る柄、グラデーションや複雑なパターンなどを表現するには限界がありました。

そこで開発されたのが「昇華プリントユニフォーム」です。


昇華プリントユニフォームは色や柄のデザイン的な自由度が増すだけではなく、生地に直接染色しているためにメッシュの目を塞ぐことがなく、通気性やストレッチ性を維持できます。また、別素材を使わないためマークの部分がごわついたり激しい動きによって剥離することもありません。

昇華プリントは液に漬け込むような従来の染色方法とは異なり、粒子の細かい特殊インクを熱と圧力をかけて染める乾式の染色なので、廃液を出さない環境にも考慮した染色方法です。


↑↑生地表面の拡大写真:表面素材の繊維の中にインクが染み込んで一体化していることが分かります。

Japan-dシリーズは2018.7月から胸ロゴが立体的にみえる3次元昇華プリントに対応しました
↓↓
▲TOPへ▲
Japan-dシリーズ・昇華ユニフォーム製作例
NF03製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・HAISAIS様
▲TOPへ▲

SL08製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・Suzyponz様
▲TOPへ▲

OB03製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・宮崎大学医学部様
▲TOPへ▲

YB01製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・ブースターズ様
▲TOPへ▲

OB06製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・ブラックジャック様
▲TOPへ▲

ND09製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・Babys様
▲TOPへ▲

ND09製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・BOMBERS様
▲TOPへ▲

HC02製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・Buffaloes様
▲TOPへ▲

OB06製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・BigWell様
▲TOPへ▲

OB11製作例・昇華ユニフォーム
昇華ユニフォーム・Booking様
▲TOPへ▲

▲TOP PAGE

.